薪能

吉祥寺の月窓寺にて

薪能を観てきました♪

能、狂言を間近で観るのは初めて。

薪の火を照明としてお寺の境内で行われました。

とても幻想的な雰囲気で

平安時代へタイムスリップしたような気分。

人間国宝の野村万作さんと野村萬斎さんによる

狂言もとても面白かった。分かりやすかった。

能はまた違った雰囲気で、

とてもとてもテンポがゆっくり。

昔はあのくらいでちょうどよかったのかなぁ。

笛、大鼓、小鼓の演奏も独特。

日本にはあんなに独自のテンポや間(ま)、

リズムがあったのかと、新発見でした。

風情があって、すごくいい雰囲気だったなあ。

131003_1905~01_0001
※本番中は撮影出来ないので。。。舞台の雰囲気よ~



スポンサーサイト

黒蜥蜴

先日、ル テアトル銀座 by PARCO にて、

舞台「黒蜥蜴」を観てきました。

演出・美術・衣裳・主演は

尊敬する美輪明宏さん。

圧倒的な存在感!

幕が開いてすぐに、

物語の世界へと引き込まれてしまいました。

そしてうっとりするような美しい衣装☆

物語の最後は、予想もしていなかった程の感動。。。

最後はスタンディング オベーション!

私も気づいたら

拍手をしながら涙がポロポロ流れていました。

素晴らしかった。。。



因みにル テアトル銀座 by PARCO は

5月末に閉館になってしまうそうですね。

いい劇場だったのに。。。

ボックス席というとても心地よい席で

観ることが出来ました。





今話題のサイレント映画、『The Artist』を観てきた。

なんか評判いいらしいよ~と人から言われても

あまり信用しないのだが、

尊敬する永六輔さんも評価しているようだったので行ってみた。

初めは白黒で音楽のみ流れる映像に、

多少の違和感を感じたが、いやいや、

物語が進むにつれ

サイレントであることもすっかり忘れて見入ってしまった。

なんともシンプルなラブストーリーなのだが、

なぜかいつも以上に泣けてしまった。

胸が切なく、温かい気持ちに包まれた。

理由とか、あえて書く気持ちにはならない。

とにかく、まだ観ていない方は是非!

俳優の方の表情やダンスも素敵だった。

帰り道は、ずっと映画の余韻に浸りながら歩いていた。




NINE

先週『NINE』を観に行った。

これは是非、映画館の大スクリーンで観たい!

と思ったのだ。

『シカゴ』と似た感じの映画だな~と思ってたら、

同じロブ・マーシャル監督だったのね。

映画の中で歌われる曲がどれも良かったのだが、

特に「Be Italian」が気に入った。

情熱的で、迫力があって!

聴いてたら物凄く歌いたくなってきた。

歌を夢中で歌い始めた頃のような衝動。

と、こんな気分にさせてくれる映画だった☆

連休真っ只中ですね。

私は近場ですが、あちこちに出かけてきました。

そして、お彼岸のお墓参りも。


そうだ、連休前には只今公開中の映画、『プール』も観てきました☆

前々から観たくてウズウズしてました!

タイのチェンマイが舞台の物語。(内容は言えないけれど)

『かもめ食堂』や『めがね』が好きな方ならきっとお気に入りになるはず☆

ゆったりと、暖かな気持ちになる映画でした。

見終わった後はもう、タイ料理が食べたくて食べたくて!

早速お店に入ってしまった。。。

また旅に出たい気分!!

また計画たてようかな☆






 | ホーム |  前のページ»»