先週木曜日、熊本、
阿蘇郡高森町で、ライブがありました。

郷土料理屋さん田楽の里のすぐお隣にある
喫茶かざぐるま」にて新酒祭りの一環として
ライブイベントが行われました

1番目は私のピアノ弾き語り、
2番目はサックスの演奏
3番目はディスコバンド
と、それぞれ違った趣でした。

会場は満席!とてもハッピーでいい気が流れていました。
来てくれたお客さんも
最後はディスコバンドの演奏で全体が踊り出し、
会場が熱気とハッピーオーラで包まれました。
イベントは大成功

次の日は阿蘇を色々案内して頂き、
阿蘇を満喫の、大満足の旅が出来ました

何から何までお世話になった私の友人であり、
アーティストのエイコさん、そしてご家族に
感謝の気持でいっぱいです!!

旅の中でも色々な人々との出会いがあり、
私の忘れられない一生の思い出となりました。

本当にみなさん、ありがとうございました。
みなさまの益々のご活躍、幸せを願っています。






スポンサーサイト

日々の音楽

気付いたら、前回のたま~にっきから
だいぶ経っていましたね。。。

日々音楽を聴いていますが、

最近は、ジョージ・ウィンストンをよく聴いています。
実は今まであまり聴いたことなかったんです。

が、アルバムを借りてみたところ、
ハマっていしまいました。

好きな和音が多く、なんというか、
風や空気を感じる。

朝日、夕日、樹木、光、などなど。

歩いていて感じる草木の匂いや風、
目には見えないこの空気を感じさせてくれる。

こういうものを音に出来るってすごいな。

ちなみに今は「SUMMER」というアルバムを聴いています。

あ~、日々の色々な汚れが(笑)洗い流されていく~

まさにNew Age(癒し系)と言われるだけある。
自然に涙が。。。

そうそう、日曜の朝のNHKラジオ、
落合恵子の「絵本の時間」のオープニングで流れる曲も

ジョージウィンストンの「REFLECTION」という曲だったのだ! 
さっき知った。

たまにラジオで耳にする曲がジョージの曲だったとは!

意外な発見で嬉しい。



この間のNHKプロフェッショナル 仕事の流儀をご覧になりましたか?
大好きなヴァイオリニスト、五嶋みどりさんの特集でした。

私の家では小さい頃からクラシック音楽がよく流れていたので、
今もたまに家で聴いています。

半年ほど前に、たまたま五嶋みどりさんのCDを借りて聴き、
改めてその演奏の豊かさに心動かされていたのです。

そして、なんと言うか、その時に、
素直な”、”洗練された”、”別格の音の表情の奥深さ”
というような印象を受けたのです。
(言葉にしてうまく伝えられないのですが。。。)

そしてこの間のドキュメンタリー番組を見て、
ご本人も素直であることに向けて努力をなさっているそうです。
素晴らしい!

あー、それにしても、なんて心揺さぶられる演奏なんでしょう!
(なんだか、言葉遣いまで変わってしまう笑)

プロの演奏家の方は皆、素晴らしい演奏です、はい。
もうクオリティにおいてもです、はい。

しかし、心を揺さぶられる心を動かされる演奏は
そうたくさんではありません。(興奮気味。。。)

とてもしなやかな強さ竹のようにしなる強さ
そして、感情の豊かさ奥深さ優しさのあふれる女性だと感じました。

演奏活動以外にも、子供たちに音楽を指導されたりと
様々な活動をされているようで、そのバイタリティに驚きました。

今度は是非、生で演奏を聴きにいきたい!と強く思いました。















風はすっかり秋ですね なんか秋もいいなぁ。

最近はまたBilly Joelの歌を聴いている。
特に今の気分は Album 『Glass Houses』。

やっぱり結局ビリーに戻ってくる。そして毎回いい歌だ~と思う。

ビリーは生粋のニューヨーカーだが、最近たまたま本屋さんで見つけた
ニューヨークを探して』という本がとても面白く、読んでいる。

岡田光世さんというNY在住の著者がNYで出会った人々の様々な人間模様を描いているのだが、
これがなかなか人間味あふれていて素晴らしいのだ。

なんか本気でNYに行きたくなってしまった。
そして、この本に出会ってから、ビリージョエルの歌に対する感じ方が
以前より深くなったことに驚いている。

”あー、本当にビリーはNYを愛しているんだ。NYへの愛があふれている!”
と、歌声から改めて衝撃を受けたのだ。

何十年と聴いている歌なのに、歳を重ねるごとに
また違った味わいになるなんて!

ビリーの歌は永遠だ

ちなみに、なんと今年から月に1回、
NYのMadison Square Gardenで、
ビリーがコンサートをやるというのだ!

ニューヨークへの想いが日に日に増している今日この頃である。

 | ホーム |  前のページ»»